水誘導翻訳装置「きわみ」!


先日のブログにて、水誘導翻訳装置「きわみ」について、ご興味のあるお客様から、

もう少し詳しい話を教えて欲しい・・・とのご連絡を頂きました。



また、家庭用の浄水器もあるんですか?

とのご質問もございましたので、改めて、こちらのブログでもご紹介させて頂きます!




ちなみに、生体エネルギーの技術については、もの凄く奥が深く、一言では言えない難しさがあります。


とくに水に関しましては、一般的な呼び方では浄水器と言いますが、

当研究所では、水誘導翻訳装置と命名しております。


水と言っても、様々なお水が存在しておりますが、そのお水をきわみに通すだけで、

一瞬にしてお水を誘導翻訳してしまい、エネルギーの高いお水に変えてしまうからです。





「きわみ」についてのご説明文を掲載させて頂きます!




生体エネルギー応用水誘導翻訳装置 家庭用 『きわみ』


自然の過程を経て、湧き出す水には力があります。
この湧水を文責して、その含有成分と同じ水を作ったとしても、
含有成分だけでは同じ力を発揮することはできないでしょう。
自然界では水を浄化するとともに活性もされています。
そんな自然の中での浄化・活性過程を生体エネルギーを応用することで、
長い時間をかけることなく水の内容・機能を高め、活性させることができます。
水誘導翻訳装置「きわみ」は、生物が最も必要とする水へと誘導し、
個々の生体が使える情報へと翻訳します。
生体が持つ能力を最大限に発揮できる水をつくり続けます。





いかがでしょうか?



余計に、わからなくなったかも知れませんね(笑)!





それと、このきわみには、家庭用と業務用のタイプがございます。



家庭用は、蛇口取り付けタイプと




img59330875.gif





キッチンの下に入れて見えなくしてしまう、ビルトインタイプ  




img59330872.gif




の2種類がございます!



形は、どこにでもあるような浄水器と変わりませんが、内容はかなり・・・



内容はもちろんですが、特筆すべきはフィルターの交換が要らないと言うことです!!



一般的には、半年から1年に1回、数万円かけてフィルターの交換をしなければいけませんが、

こちらの機械は、フィルターの交換が義務づけられておりません。


もちろん、水質により目詰まりした場合は交換が必要ですが、それ以外ではノーメンテナンスです




現に私の過程では、この機械を約20年近く使っておりますが、交換はゼロです!!


もちろん、メンテナンスもゼロでございます!!



長い目で見ると、かなり割安だと思っております!!


ご興味のある方、資料が欲しい方は、ぜひこちらまでお問い合わせ下さいませ!







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関連リンク


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お金にまつわるブログ
ブログリンク