幸せである!


本日は、友人のお父さんの告別式でした。


脳梗塞にて、何度も危機を逃れた素晴らしい生命力と、

持って生まれた徳の強さを見せて頂いた、お父さんでした。


しかし、ついにこの時がやって来たことに、とっても残念な気持ちと、

人には言えない辛さから解放された事に、心からお疲れ様でしたと言う気持ちが、

交差した告別式でした。


また、私の友人やその兄弟の方々も、この20年間の間、一生懸命介護しながら、

共に支え合い、頑張ったと言う気持ちがあったと思います。


やりきったと言う事はもちろん無いと思いますし、友人も自分の父親にたいして、

まだまだやり足らなった事が多々・・・・・

と言っておりましたが、でも本当に頑張ったと思います。



それに比べて俺はどうなんだ・・・・・と考えたら、まだまだです。。。


幸い母親がとても元気でして、そのことが逆に甘えに転じているわけでして、

人間、いつどうなるかわからないと言う事を考えると、やはり今この瞬間を大切にし、

家族や、目の前にいる人たちを大切にして行くことが大切なんだと考えさせられます。



最近特に感じることは、家族の大切さです。


そして、自分の目の前にあるすべてです。



大切なことは、幸せになる事ではなく、幸せであることだとつくづく感じます。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関連リンク


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お金にまつわるブログ
ブログリンク