すべてはその家に住むお客様のために!


I 様邸の内部漆喰工事が、順調に進んでおります!



1




2




3




混ざりモノ無しの純粋な漆喰を丁寧に塗りこんで行きます。


塗り壁の一般的な塗厚は、1.2ミリ~1.3ミリです。

なぜそんなに薄く塗れるのかと言いますと、接着剤が配合されているからです。


その接着剤によって薄く均等に塗り込めるので、左官屋さんも塗りやすいし、

さらに材料も薄~~く延ばせる為、材料費の削減になります。


しかしそれって、工事する側の欲得であって、お客様には何にも関係ありません。

むしろその接着剤によるシックハウス問題や、漆喰の呼吸を妨げる原因になります。



でも、素人であるお客様にはそこまでは分かりません。。。。。



もちろん、当社の漆喰は、接着剤を含んでおりません。

接着剤を含んでおりませんので、薄く延ばす事が出来ず、厚みは3ミリ~4ミリです。


その分、材料も使うし、なにより左官屋さん泣かせと言われるくらい大変な作業です。


しかも当社では、クロゼットの中から押入れ、階段の裏側までと、すべて漆喰による

仕上げなので、内装の左官工事だけでも3週間くらいはかかります。


でも狭い押し入れや収納の中ほど、湿気が溜まりやすいので、漆喰仕上げが必要です。

しかも、漆喰の厚みが大切でして、厚いほど調質効果が保たれます。




すべては、その家に住むお客様の為です。



この信念を忘れず、さらに進化を続けて行きたいと思います。











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関連リンク


最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
お金にまつわるブログ
ブログリンク